建築アイテム | 電気工事や精密機械の輸送などについてまとめて紹介

電気工事や精密機械の輸送などについてまとめて紹介

建築アイテム

養生シートの種類と金額について

養生シートは、建築現場などで主に使われる建築アイテムです。素材にはいろいろな種類があります。クッションシート状の物、紙製の物、パネル状の物などがあります。また通常の作業用の養生シート以外にも、塗装用の養生シートなどもあります。金額も様々です。パネル状のものは安価の物では1枚150円ほどで購入することができます。ちなみによく販売しているサイズは「タテ910ミリ、ヨコ1820ミリ」のサイズで俗にいう「サブロクバン」という大きさです。「サブロクバン」とは3尺と6尺の板サイズのことです。またクッションシート状や塗装シートなどは50メートル巻きで2000円ほどで購入することができます。これらは職人向けのホームセンターで簡単に購入することができます。

養生用シートの歴史について

養生シートをはじめとする養生の歴史ですが、主に作業用と塗装用の歴史があります。作業用としては、床の保護だけでなく危険回避のために使われてきました。例えば電気工事の現場などでは感電や短絡といったものを防ぐために金属の露出部に養生を行われてきました。また建設現場などでは作業場の床、壁、さらに作業場近くの電気コード類にも広範囲に養生を施し、危険回避に努められてきました。塗装用としては、塗装部分以外に塗料が付着しないようにシート、マスキングテープ、マスカーなどが昔から使用されてきました。また塗装面や工作物に使用する養生では粘着物が強いものは対象物を痛めてしまう恐れがあるため使用することは厳禁とされています。